高血圧を引き起こすドロドロ血液

高血圧になる原因の一つに、ドロドロ血液が挙げられます。

血管の中を流れる血液の圧力が高くなる高血圧は、動脈の血管に常にダメージを与えて痛みやすい状態をつくります。

 

そんな状態が続くと、血管は、動脈硬化を起こし始めて血液の流れが悪くなり、多量の血液を必要とする脳や心臓などに大きな問題が発生するようになります。

 

しかし、高血圧は、なかなか自覚症状があらわれませんので、もし、血圧に不安があるようでしたら定期的に健康診断を受けて血圧を測定してもらったり、現在は、手軽で精度も高い血圧計が安い価格で市販されていますので、自分で毎日の血圧を測定するようにしましょう。

 

高血圧の基準は、最も強く脈を打つときの収縮期血圧が140mmHg以上、脈が弱いときの拡張期血圧が90mmHg以上の場合に高血圧と診断されます。

 

 

実は高血圧の90%以上は、ハッキリとした原因がまだ解明されていません。

 

しかし、遺伝的な体質や日常の生活習慣が大きく関係しているとことは解っています。

 

血圧を上げる要因は、運動不足、栄養の偏り、肥満、老化、ストレス、過労、喫煙など、さまざまなことが挙げられますが、その中でも、悪い生活習慣からドロドロの血液になって高血圧になることは絶対避けたいものです。

 

ドロドロ血液は、食べ過ぎや運動不足など、さまざまな原因から血液の粘度が増し、ドロドロして血管の中を自由に流れることができなくなっている状態です。

 

よくテレビの健康番組で、血液が流れる様子を映し出したモニターを見たことがある方も多いと思いますが、血液がなかなかうまく流れていない様子がドロドロ血液の状態で、反対に、雨が降っているようにスムーズに流れている様子はサラサラ状態の血液です。

 

このドロドロ血液は、高血圧を引き起こすだけでなく、毛細血菅では血流が悪くなり、体内のすみずみまで栄養素や酸素を行き渡らせることができなくなり、老廃物なども回収できなくなります。

 

最悪の場合は、血管が塞がってしまい、その周辺にある細胞は壊死して、それが脳で起きると脳梗塞、心臓で起これば心筋梗塞という命にかかわる重病につながります。

 

そんな危険なドロドロ血液を予防してサラサラ血液に改善するには、まずは、日常の生活習慣を見直すことが必要です。

 

特に食生活は、血液の状態に直接反映されるようになります。

 

毎日、好きな物を好きなだけ食べて、アルコールも飲んで、よく暴飲暴食するという食生活に、仕事はディスクワークばかりで休日も家のソファでテレビを見ながらゴロゴロという運動不足が加わると、ドロドロ血液をつくり出すだけの生活になってしまいます。

 

栄養バランスを考えた適量の食事を1日3食、規則正しく摂り、そして、時間のあるときはウォーキングやジョギングなどの軽い運動を積極的に行い運動不足を解消するなどしてドロドロ血液をサラサラ血液に改善しましょう。

 

 

 

ドロドロ血液改善にオススメの漢方食品 ⇒ 肝パワーEプラス