トマト成分のリコピンでダイエット!

トマトを食べるだけの簡単なダイエットを!

今は、健康志向でダイエットブームということもあり、フィットネスクラブに通ったり、いろいろな運動器具を買い込んで自宅でエクササイズしたりと、ダイエットのために運動に励むという方が増えています。

 

しかし、運動好きで、フィットネスクラブなどに通える方はいいですが、運動が嫌い・・・ 忙しくて運動する時間がない・・・ という方は、どんな方法でダイエットすればいいのか? と悩むことだと思います。

 

確かに、筋力トレーニングを行い、それに加え、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で体脂肪を燃焼できれば、最も有効で健康的なダイエットになります。

 

しかし、運動を始めてみたけれど・・・、という三日坊主方で終わってしまう方は少なくないようです。

 

そんな方達に、毎日、トマト成分のリコピンを摂取することをオススメします!

 

2012年2月に京都大学の研究グループが、「トマトに含まれる成分には体脂肪を燃焼する効果がある」と発表してから、トマトが注目されていますが、もともと、トマトは「トマトが赤くなると医者が青くなる」と昔から言われ、健康面や美容に高い効果をもたらすとされています。

 

そんなトマトには、体に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますが、その中でもリコピンは、脂肪細胞の増加を抑えて、脂肪を吸収しにくくするというダイエット効果があり、また、老化や動脈硬化、ガン、糖尿病などの病気を引き起こしたりする活性酸素を除去し、シミ、そばかすなどの原因となるメラニンも一緒に抑えて、健康面や美容にも効果を発揮します。

 

 

 

 ダイエットを成功させるには継続することが重要なポイント!

 

運動によるダイエット効果に比べたら、トマト成分のリコピンによる効果は、ほんの僅かかもしれませんが、トマトを食べ続けるだけという簡単に行えることが大きなメリットです。

 

そもそも、いくら効果的なダイエット法と言われても、数週間で何キロもあっという間に痩せるような魔法のダイエットは、絶対に存在しません。

 

よくテレビや雑誌の広告で、「簡単に1週間で○○キロも痩せた・・・」「○○を食べるだけであっという間に痩せられた・・・」などと甘いフレーズを謳った手法のダイエットが紹介されていますが、それらのダイエットは、物理的、科学的に考え、理解できないものばかりです。

 

ダイエットを成功させるための重要なポイントは、長期計画で無理なく行えて、いかに継続できるかにかかっています。

 

ダイエット効果は、ほんの僅かでも、それを継続して、数年の計画で行うことが大切です。

 

 

 

 リコピンの効果は?

 

もともとトマトには、ビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素が豊富に含まれていますので、夕食に食べることで、睡眠中の成長ホルモンの分泌がアップし、体全体の代謝機能が高まり、その結果、消費カロリーがアップしてダイエット効果が得られます。

 

そして、リコピンは、脂肪細胞の増加を抑えて、脂肪を吸収しにくくするというダイエット効果に、健康面、美容などにも効果を発揮します。

 

 

 リコピンの抗酸化作用

 

リコピンは、ビタミンEの100倍、ベータカロチンの2倍といわれる抗酸化作用があります。

 

ストレス、激しい運動、飲酒、喫煙、紫外線などの影響で「悪玉活性酸素」が発生しますが、この「悪玉活性酸素」は、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの生活習慣病や癌などの病気の原因とされています。

 

リコピンの抗酸化作用が「悪玉活性酸素」を除去し、健康な体を維持してくれます。

 

 

 リコピンの美肌効果

 

紫外線を浴びると皮フの表面に活性酸素が発生し、シミ、そばかすの原因となるメラニンが作られます。

 

リコピンは活性酸素を除去し同時にメラニンの発生を抑制しますので、美肌効果が期待できます。

 

 

 リコピンの美髪効果

 

活性酸素の影響で、頭皮の血行が悪くなり薄毛や抜け毛などの髪のトラブルが発生してしまいますが、リコピンの抗酸化作用が酸化を防ぎ、髪のトラブルを予防し、健やかな頭皮と髪を維持してくれます。

 

また、トマトには髪に必要なカルシウムやミネラル、亜鉛、βカロチン、ビタミンEなどが含まれているので美髪にも効果があります。

 

 

トマト成分のリコピンでダイエット!記事一覧

夜トマトダイエットは「夜スリム トマ美ちゃん」でリコピン摂取!

今は、「ダイエットをしたことがない・・・」という女性が、ほとんどいないほどのダイエットが流行というか当たり前のようになっていますが、それにもかかわらず、「ただ体重が落ちればいい・・・」と思い、無理な食事制限をしたり、プチ断食をする方も少なくないようです。確かに、無理な食事制限や激しい運動をすれば、一...

≫続きを読む